PFA  耐熱特性 耐化学薬品性  フッ素樹脂とは?

PFA  耐熱特性 耐化学薬品性

PFA 耐熱特性

PFAは優れた熱安定性を持ち、連続使用温度は約260℃とPTFEに匹敵する

室温付近での機械的強度は高いとは言えないが、高温領域での強度や

耐クリープ性はPTFEより優れている。

 

主なフッ素樹脂の融点と最高使用温度

 

PTFE PFA FEP ETFE
融点(℃) 327 304-310 270 260
連続最高使用温度(℃) 260 260 200 150

 

PFAの高温特性

 

特性 PSTM

試験法

温度 ℃ PFA
340-J 350-J
引張強さ Mpa D1708 23 27 31
250 12 14
引張降状点 Mpa D1708 23 14 15
250 3.4 4
伸び % D1708 23 300 300
250 480 500
曲げ弾性率 Mpa D790 23 660 690
250 55 70

 

PTFE・PFAの低温特性

 

性質 温度(℃) PTFE PFA
引張降状点  Mpa  -253  123  -
 -196  91  129
 -129 53  -
 -79 32  -
 25 12  15
引張強さ  Mpa  -253  123  -
 -196  102 129
 -129 63  -
 -79 40  -
 25 29  29
引張弾性率  Mpa  -253  4300  -
 -196  3200  -
 -129 2100  -
 -79 1400  -
 25 600  -
伸び  %  -253  3  -
 -196  7  8
 -129 13  -
 -79 31  -
 25 300  260
曲げ弾性率  Mpa  -253  5100  -
 -196  4700  5800
 -129 3100  -
 -79 1600  -
 25 600  700
アイゾット衝撃強さ  J/m  -253  75  -
 -196  70  64
 -129  -
 -79 80  -
 25 101  -
圧縮強さ  Mpa  -253  219  -
 -196  145  412
 -129 110  -
 -79 51  -
 25 26  25
圧縮弾性率  Mpa  -253  6200  -
 -196  5500  4700
 -129 4000  -
 -79  2000  -
 25 700  690

 

耐化学薬品性

PTFEと同じで溶融金属ナトリウムや高温高濃度のフッ素ガスに侵されるだけで

極めて優れた安定性を持っている。

 

フェイスブック始めました(まだまだ初心者です…)
ショップはこちらからどうぞ。
(現在棚卸のためクローズしています)

エステックの端材屋さんへ

エステックのホームページはこちらです。↓
エステックのホームページへ

↓フッ素樹脂の雑貨を販売しています。

エステックの雑貨屋さんフクロンSHOPへ
ランキングに参加しています

クリックしてもらえると励みになります

よろしくお願いします。

にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村

 

このエントリーをはてなブックマークに追加