マスクの材料を販売しているお店まとめてみました。

こんにちは。

政府がようやくマスクの買い取りをして各家庭に配布してくれるようですね。

それでも感染が確認されていない地域の順番はまだまだ先のようですので、やはりマスク不足は続きそうです。

マスクに必要な生地は店舗でもネットでも売り切れが多かったのですが、生地はメイドインジャパンが多いので入荷もあるようです。

いくつかマスクを作ってみて、表と裏(顔に当たる部分)は生地を変えた方が作りやすく、使いやすかったのでお勧めをご紹介します。

表生地はダブルガーゼでなくても問題なさそうです。シーチングという薄手の生地なら息苦しくもなく使用できました。

ダブルガーゼは無地のものがほとんど完売で購入できませんが、シーチングなら無地たくさん売っています。

裏側は顔にあたる部分なのでダブルガーゼがお勧めです。ただ、裏側なので表からは見えません。

柄のダブルガーゼは販売しているお店が多いので表を無地のシーチング、裏を柄のダブルガーゼにしてはいかがでしょうか。

また裏側のダブルガーゼは色柄付きの方が汚れが目立なくて個人的にはおすすめです。

抗菌されている生地の入手はかなり困難なため、ポケット付きのマスクの間にマスクシートを入れるのが一番よいかと思います。

このマスクシートも売り切れが続いていましたが今朝確認したら再入荷、予約販売のお店が増えました。

1枚で20枚以上はとれるのでそれを手作りマスクの間に挟んで利用されたらいかがでしょうか。

売り切れていても楽天の場合は入荷のお知らせを希望しておくと、カートに商品が入った時点でお知らせしてくれます。

お店からのメルマガより早く情報がくるのでお勧めです。

 

 

↓こちらは予約販売です。

 

↓マスクゴムはすぐに売り切れてしまいますので登録必須です。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加