小学校などの臨時休校に伴う保護者の休暇取得支援のための助成金のこと

こんにちは。

今日も暑いですね。

小学校も分散登校や時間短縮での授業が始まったようですね。

わが社でも学校休校中に会社をお休みされた方がいるので厚生労働省の学校等休業助成金を申請予定です。

この制度、また最近色々と変わりました。

書類も変わりました。

エステックではすでに3月からこの制度を利用してお休みされている人がいるので、申請書はすでに途中まで作成済だったのに~また作り直しです。

さらに1事業所1回のみ申請をお願いしますってなっているため3月分も申請もまだできていません。

6月から学校も始まったし、5/31までの分の申請をしよう!と思っていたのですが、6月から学校が始まったとはいえ、分散登校(毎日登校しない)や短縮授業(1日1時間からなど)だそうで子供がすぐに帰宅という状態のようです。

学校休校中ではないけど助成金の対象になるのかな…と疑問におもったので調べました。

助成金Q&AというPDFファイルの12枚目 Q3-8と9に記載ありました。

新型コロナウィルス感染症に対応し、学校の半日授業、短縮授業のため休暇を取得した場合対象となりますか?という項目で、半日授業や分散登校をしている期間は学校休業中の扱いをするそうです。

その際、学校からの授業が短縮、分散登校しますというお知らせの添付が必要となります。

ただし同じ分散登校でも授業時間が通常に戻っている場合はその日は対象ではないそうです。

登校しない日は対象のようです。

わかりにくいですよね…どうやって対象日かどうか判断すればいいんだろうかと悩みます。

今月末までの提出を目指して頑張ってみようと思います。

申請についてはこちらのページをご覧ください

制度が変わった分、助成金の上限額が上がったり、対象期間が伸びたりと良い方向に変わってくれたので有難いですね。

この先まだまだ不透明な時代、ウィルスとの共存と言われていますがうちの中にずっと引きこもって生活できるわけでもなく…不安な要素が多いですが、乗り切っていくために今できることをやろうと思います。

それでは今日もよい一日になりますように…