2019年も大変お世話になりました。皆様ありがとうございました♪

2019年ももうすぐ終わりです。

毎年思うのですが、1年365日、なんて過ぎ去るのが早いのでしょうか…

高校時代の恩師が社会人になると1年があっという間に過ぎ去ると言っていた言葉を今実感しています。

子どものころは1年長ったような…時間の感覚がこんなに変わるなんて、不思議ですね。

エステックでは2019年は変化の1年となりました。

9月に創業者である志村春雄が会長職となり、佐野新社長に会社を引き継ぎ新体制のエステックになりました。

エステックという会社の創立、現会長のフッ素樹脂への想いなどブログでもお伝えしてきました。

その大元にあるフッ素樹脂という素材への熱い思いはそのまま新体制のエステックにも引き継がれています。

大きな変化があるわけではないですが、時代の流れにうまく乗り、よいところを活かし、より効率よくできるよう日々勉強中です。

皆様には色々とご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、どうぞ温かく見守っていただければ幸いです。

時には叱咤激励などしていただければ尚有難く思います。

一人で歩き続けることは大変です。

いろんな人に助けてもらって今の会社がなりたっていることを忘れず、来年もみなさまと一緒によいものを作り続けていきたいと思っています。

2019年のイノシシ年は忍耐の年と言われました。

土の中でじっくりと芽がでるのを待つこの1年は来年へ向けての準備の期間でもありました。

まだまだやりたいこと、やれることは無限にあります。

ひとつでも多くやりたいことができるよう2020年に新しい芽が息吹くよう来年も頑張っていきたいと思います。

2020年もどうぞエステックをよろしくお願いいたします。

まだまだ走り続けます!!

それではよいお年をお迎えください。

2020年が皆様にとって幸せな一年となりますように…

まずは今日がよい一日となりますように…

 

 

 

2019年12月27日 | カテゴリー : ひとりごと | 投稿者 : stech

カーボンナノチューブを充填したPTFE素材 CNT入りPTFE フッ素樹脂のこと

CNT入りPTFE

カーボンナノチューブ配合 導電性PTFE 高機能フッ素樹脂の取扱いを始めました。

従来のカーボンブラックなどを用いた伝導性フッ素樹脂では実現が不可能だった、添加物0.1wt%以下の伝導性の実現に成功、新たに開発されたカーボンナノチューブ(CNT)を用いたコンタミレスの「伝導性フッ素樹脂」です。

フッ素樹脂へほ添加に特化した特殊なカーボンナノチューブを用いることで、極少量の添加濃度で伝導性能を保ちながら、クリーン度と物性保持を両立させたフッ素樹脂素材です。

CNT充填PTFE19839_ST-Sheld 20191002

この素材で製品を作ってほしい、どんなサイズがあるのかなどなど、お気軽にご相談ください。

お待ちしております。